メニューアイコンCadore
メニューアイコン素材のハナシ最新記事

カドーレの楽しみ方
もひとつのブログ社長のブログ
牛乳瓶
ジェラートショップ「ジェラテリア・カドーレ」
レストラン「ラ・クッチーナ・カドーレ」
カフェ「ラテリア・カドーレ」
チーズ工房「フェルミエ・カドーレ」
上ノ原チーズケーキ
酪農教育ファーム(酪農体験)
上ノ原牧場
WEBSHOP
牛乳瓶


カドーレで使われているいろいろな素材についての紹介コーナーです。

TOP
TOP : 第7回「お野菜のハナシ」
投稿者 : admin 投稿日時: 2013-03-23 (1003 ヒット)

今回はカドーレのメニューには欠かせない、地元の新鮮野菜たちのおハナシです。


カドーレのレストランやカフェで使用しているお野菜は、「中川のおばちゃん」「山田農園」さん、「ほっこり農園」さん等々、地元の野菜農家さんが心を込めて育てた野菜です。


街から来られたお客様が、一番びっくりするのもこの新鮮な野菜たち。野菜って、チーズやお肉を引き立たせる隠れた名脇役?!いいえ、本当は主役なのかもしれません。


 


 


カフェでおなじみ「中川のおばちゃん」の野菜は、カドーレの完熟堆肥を使い、低農薬で作られています。昔ながらの作り方をしているので、大根やきゅうりも、昔食べた辛みやえぐみもあって、なんだか懐かしい味がします。


 


 



また、様々な新しい野菜を研究し、作ってくれるのは、「山田農園」の修ちゃん。福富の農業が活気があるのは、このようなやる気のある若者が多いから。彼に持ってきてもらった野菜のおかげで、お客様がいろいろな野菜に興味をもたれるようになって来ました。お鍋の味も際立ちます。


 


 最後にご紹介するのは、「ほっこり農園」の渡辺さんご夫婦。その名のとおり、ほっこり、ほのぼのとしたイメージのお二人ですが、野菜にかける情熱は並々ならぬものがあります。写真は、ビニールハウスの中で作業中の様子。MOAという自然農法で、野菜をつくる土には“落ち葉の堆肥”を混ぜ、野菜を育てる前に土を育てて(?)います。



こんな野菜たちで作ったお料理は、安心、安全で、何より、食べて美味しい!!


野菜は、舌先だけで味わうものではありません。甘み、えぐみ、苦み、辛みといった味覚の他に、野菜農家たちの思いや、土の香り。野菜を育てた福富の風土など、五感をフルに使って味わうものであることを、生産者の私たちは誰よりもよく知っています。


 


印刷用ページ このニュースを友達に送る


〒739-2301 広島県東広島市福富町上竹仁605 上ノ原牧場 有限会社カドーレ
TEL/ 082-430-1381(代) FAX/ 082-430-1382
定休日:毎週月曜日(月曜日が祝日の日は営業して、翌日火曜日が振替休日となります。)

Copyright All right reserved 2003-2011,Cadore,Uenohara-farm.