メニューアイコンCadore
メニューアイコン上ノ原牧場

カドーレの楽しみ方
もひとつのブログ社長のブログ
牛乳瓶
ジェラートショップ「ジェラテリア・カドーレ」
レストラン「ラ・クッチーナ・カドーレ」
カフェ「ラテリア・カドーレ」
チーズ工房「フェルミエ・カドーレ」
上ノ原チーズケーキ
酪農教育ファーム(酪農体験)
上ノ原牧場
WEBSHOP
牛乳瓶


トップ  >  農場の歴史

農場の歴史

「この牛飼うてくれんか」。約30年前、親戚の叔父が我が家に預けた2頭の牛。ここから上ノ原牧場の「牛飼い」 の仕事が始まりました。当時、我が家は野菜作りを少しばかりと、運送の仕事もしていました。叔父が牛飼いをしているのみて、「ワシらにはできんなあ」と 言っていたのですが、本当にひょんなきっかけから。
以来、酪農の奥深さにひかれ、頭数も増やし本格的に経営の柱にしてきました。1987年には敏英が就農。翌年、聖子も家族の一員となりました。
転機が訪れたのは、1998年。頭数を増やし規模拡大を目指すのか、それとも何か違う付加価値を求めて酪農経営に取り組むかか・・・当牧場では後者の道 を選びました。牛乳出荷だけでなく、乳製品(ジェラート)開発を行い、自農場の牛乳を新しい価値としてお客様に届ける経営です。
ジェラートが完成した3年後には、酪農法をこれまでの「つなぎ牛舎」(牛をつないだままで飼育・搾乳)から、フリーバン牛舎(屋内でも牛を“放し飼い”に する方式)に変え、牛乳のさらなる品質アップ、衛生管理の徹底に務めています。2002年春には、ジェラートショップの横にレストランも完成。生産の現場 を見ていただき、顔の見える農業でお客様との交流をはかっていきたい・・・そんな農業経営がスタートしています。

【上ノ原牧場の年表】

1970年代年:酪農業を始める
1987年:敏英就農
●1998年:ジェラート完成。この年にジェラテリア「カドーレ」オープン。
2001年:フリーバン牛舎導入
2002年:レストラン「ラ・クッチーナ・カドーレ」を敷地内にオープン
2007年:チーズ工房「フェルミエ・カドーレ」オープン
2008年:カフェ「ラテリア・カドーレ」オープン

サイロ
外観
サイロ
プリンタ用画面
友達に伝える
前
農場概要
カテゴリートップ
上ノ原牧場の紹介
次
酪農法の特徴

〒739-2301 広島県東広島市福富町上竹仁605 上ノ原牧場 有限会社カドーレ
TEL/ 082-430-1381(代) FAX/ 082-430-1382
定休日:毎週月曜日(月曜日が祝日の日は営業して、翌日火曜日が振替休日となります。)

Copyright All right reserved 2003-2011,Cadore,Uenohara-farm.